ドクログ

   勝手に採点おこがましい。ガゼッタ・デロ・スポルト方式の備忘録。
RANKING 
NOVEL 
MOVIE 
MUSIC 
COMIC 
ANIME 
OTHERS 
ABOUT 
DIARY 

SELECTED ENTRIES

[-] スポンサーサイト

- | permalink

一定期間更新がないため広告を表示しています

please click →
<< 伊坂幸太郎 / 陽気なギャングが地球を回す | main | みうらじゅん / ゆるキャラ大図鑑 >>

[Novel] 雫井脩介 / 犯人に告ぐ

comments(0) | permalink
採点: 7.5点

「犯人に告ぐ。…今夜は震えて眠れ。」

これは傑作である。さすが映画化されるだけのことはある。文庫で上下巻二冊という長編だが、引き込まれる構成に加えてテンポもかなり良いためにスラスラと読み終えてしまった。

一点だけ言えばラストがあっさりしすぎの感があり、犯人もステレオタイプな犯人像であるとは思ったが、そこを強調しすぎると最後まで重厚すぎてもたれてしまうのかなとも思った。まぁハリウッド映画ではないのだから、そのくらいがこの大作を〆るのに適しているのかもしれない。


[あらすじ]
神奈川県川崎市において「バッドマン」を名乗る犯人による連続幼児誘拐殺人事件が発生した。バッドマンは4人の幼児を惨殺した上、警察やマスコミを批判する嘲笑のメッセージをテレビ局に送り、世間を震撼させた。この事態に危機感を持った県警上層部は、捜査責任者がマスコミを通じて目撃情報を求めると共に、犯人自身に呼びかける「劇場型捜査」とも言うべき起死回生の策を取ることを決定する。その責任者として呼び寄せられた巻島史彦は、テレビの人気ニュース番組に出演し、犯人に呼びかけだすのだが…。
please click →

[-] スポンサーサイト

- | permalink
please click →

この記事に対するコメント

コメントする













RECOMMEND
レーザーブレードのテーマ
Blur - Song 2 (Live Wembley Arena)
New Found Glory - Goonies Cover




Amazon.co.jp アソシエイト